​東京地区

4月から12月までのZoomによる「カレブの会」内容

4月10日  (土)      佐藤文紀:「被災地10年目の春」 カレブ通信75号掲載

5月  8日(土) 田宮 清: オピニオン カレブ通信76号掲載予定

6月12日(土) 吉野輝雄: 準備中  カレブ通信62号

7月10日(土) 谷 雅史: 「希望はどこにあるのか」カレブ通信73号

8月〜休み

9月11日(土) 原田浩司:「一匹の子羊を救う働き」カレブ通信74号

10月 9日  (土)  箭内公正:準備中

11月13日 (土)    カレブの会創立15周年記念会

12月11日 (土)  来間幸夫:準備中

 

Zoom会への参加方法: 

・Zoom会の日時:毎月第二土曜日 午後1時半から約2時間

・申し込み方法:開催日の1週間前までに、メールで箭内公正に申し込んでください

・メールアドレスは、kosei_yanai@yahoo.co.jp

・参加人数:15名で締め切りとさせていただきます

 


「15周年記念会について」

「カレブの会」は今年15周年を迎えます。

そこで全国のカレブの会のみなさんとZoomによる「15周年記念会」を予定しています。今後、各地の世話人会のみなさんのご意見をお聞きし、開催する予定です。

 

 開催の趣旨:

  1.  導いてくださった主に感謝する

  2. 2記念会準備のプロセスと記念会を通し、互いを知り、励ましをいただく

 3. シニアの方々に必要とされる「カレブの会」の姿を共有する

    例:東京カレブの会世話人会で挙げられた7つの姿

   1)退職後の「ソフトランディング」を助け合う

   2)夢を見、新たな「テイキングオフ」を助け合う

   3)「良き終わり(再出発)」に向け助け合う

   4)必要とされる多様な交わり、学びの場がある

   5)みことばを分かち合い、学び合い、祈り合う交わりがある

   6)「カレブ通信」を通して生き方、夢を知る機会がある

   7)次世代に重荷を持ち、恵みの経験、知識を次世代に継承してゆく

 

 

発足した2006年から2018年までの「東京カレブの会」で実施したことを掲載します
 下記の《カレブの会》の趣旨は発足当時のものです。現在の趣旨はこのホ−ムページのHOME覧をご覧ください

News

定年後の主の導き

植村 公美子

ウィリアム・タン

稲葉 裕

逆境・試練を通して神さまの素晴らしさを体験する
オイコス(家の一族)と宣教

OCCの働きと私

棚瀬 裕文