「九州カレブの会」の報告                   世話人:石橋美保子

 皆さま、こんにちは。「九州カレブの会」の石橋美保子と申します。「九州カレブの会」は、2016年に、小川吾朗さんのお声かけによって、はじまりました。

 

メンバー紹介:

 メンバーは、ユニークで、2015年にインドネシアから、福岡記念病院(父がこの病院で天に召さる1ヶ月前)に、看護師の実習に来られたロナルド・ポルナジャさん。日本で准看護師の都道府県知事免許の試験に合格され、一昨年2019年の4月に帰国され、去年の10月10日にご結婚されて今年8月に女の子が誕生しました。

 現在は、ジャカルタの病院で、入退院など患者さんのサポートをしておられます。お父様は、77歳、お母様は、67歳になられ、カレブの会の交わりが、ご両親との交わりのお役に立てれば、感謝です。月に一回の交わりには、インドネシアから参加されています。

 メンバーは、熊本市在住で、心理カウンセラーの杉山恭子さん、福岡市在住で介護福祉士の経験のある私の妹の石橋直子と、塾講師の私、美保子です。

 

歴史:

 これまで、月に一回、小川吾朗さんが導いてくださって、「マルコによる福音書」、「平和の福音」、「シニアのための聖句」、「エンディング・サイン」、「午後の旅人」、「救いの福音」を分かち合ってきました。これまでも、今も、主がこの交わり中心にいてくださり、主の愛と恵みで満たしてくださり、励ましと希望を与えてくださり、心から感謝いたします。

 

2022年九州カレブ年間計画:

 愛と恵みの主の御霊の導きによって、祈りのなかで、主が与えてくださった、2022年の九州カレブのめざすところは、カレブがそうであったように『主のみこころを知り、主のみこころに従う』ということです。
そのために、日々、主の御霊の導きによって、ひとりひとりが、祈りとみことばによって、主との個人的な交わりの中で、主の約束のみことばと確信を持ち、はっきりと、いのちのみことばを心に刻んで、主とともに生きる(コロサイ3:15-17)こと。
 そして、主にある交わりと証しによって、よく聞き、寄り添い、いつも、どんなときでも、お互いに、みことばの約束と確信を持って、祈る(ローマ12:10-12)ことです。
 主ご自身が、御霊の導きによって、祈りのなかで、日々、私たち、ひとりひとりに、寄り添い、優しく聞いてくださる愛と恵みを、心から感謝いたします。ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

主の愛によって                                     2022年4月23日       

d02-001b.png

  3月19日(土)17時から8時半 

       ・ショートメッセージ(入江さん)  ・今後の在り方

  4月16日(土)17時~18時

  ・ショートメッセージ(原田)    ・年間計画を考える 

  5月21日(土)17時~18時

  ・ショートメッセージ(伊東さん)  ・学び(吾郎さん)

  6月25日(土)10:30~

    ・高根沢教会(交わり)・元気アップ村(温泉&ランチ)

  7月16日(土)10:00~

      ・ナビオフィス訪問(宇大ナビ学生とOBの交流について)

  9月

      ・日光・温泉&ランチ

10月

      ・ショートメッセージ(入江さん)    ・学び(吾郎さん)

11月

      ・全国カレブとの交流

12月

      ・クリスマス会(宇大ナビ学生とともに)

 1月

      ・ショートメッセージ(原田)          ・学び(吾郎さん)

 2月

      ・ショートメッセージ(伊東さん)   ・学び(吾郎さん)

                               2022年4月16日

宇大カレブの会 2022年 年間計画(案)    世話人:原田 浩司